特徴と外見の大きな違いとは?

特徴と外見の違い

結構わからないと思う「帯状疱疹」と「単純ヘルペス」。
幹部の外見から区別することはできるそうですが、素人にはなかなかわからないとおもう。

 

帯状疱疹は、体の左右どちらかに水ぶくれが集まり、症状が発症するそうです。体の中心にある中枢神経からは、左右別々に末梢神経が広がっており、ウイルスは末梢神経にそって移動するとのこと。

 

体の右泡で帯状疱疹を発症うれば、ウイルスは右側の末梢神経を移動していくので、右側の皮膚表面に退場の症状が現れるとのこと、痛みもないし、キリキリする感じで、ある程度は耐えられるような痛み。

 

あと、健康的な人がもし帯状疱疹になった場合は、水ぶくれの症状はそこまでひどくならないそうです。

 

 

それから、単純ヘルペスについてですが、こちらは水ぶくれが数子集まってできるもの。つまり、ヘルペスも帯状疱疹も水ぶくれが起こる症状になりますね。

 

全身に発疹が起こり、どんどんと広がります。痛みは比較的軽く、痛痒い程度、ですが、陰部の場合は痛みが強くなり、夜中に目が覚めるほど。

 

特にヘルペスの場合は、片側に出来ことが多いとされています。

 

 

症状を感じたら、まずは病院で診てもらうことが重要になりますね。