三叉神経

目の上や鼻に発症した場合

ヘルペスといえば、口の周りにブツブツと発疹ができるイメージが有ります。しかし、それ以外にも、目の下にできることがあります。

 

これを三叉神経と呼び、潜状していたウイルスが最活性すると、目の上や額のあたりに症状が出るんですね。根本的に、口の周りにできるヘルペスと原因は同じです。

 

しかし、目の下にヘルペスができることで、角膜炎やぶどう膜炎を起こす危険性があります。すると、視力の低下や、最悪の場合は目が見えなくなるという恐ろしいことになる危険性もあります。

 

そのために気をつけたいのが、まずは普段から疲労やストレスを溜めないこと。このちょっとしたことが原因で、ウイルスが急激に増え、ヘルペスがホッ称します。

 

それから、目の下に急激な痛みを感じた場合、ヘルペスが起こる一歩手前のために、眼科に受診をすること。それか、事前に抗ウイルス薬があるのなら服用すること。

 

ウイルスを発症してから3日以内に薬を服用すれば、しっかりとした効果を感じることができます。