帯状疱疹とヘルペス

ヘルペスのケア

ヘルペスは、昔から存在していた病気だそうです。

 

なんだか新しい病気のような感覚があるのですが、そんなことはないんだそうです。かつては子供のうちに水疱瘡にかかるのがあたり前合ったそうです。単純ヘルペスにも多くの人が子供のうちに感染して、気づかないうちに免疫を獲得するとのこと。

 

でも、清潔志向が高まり、街全体のクリーン化が進むに連れ、きちんと免疫を獲得する子供の割合が減る。単純ヘルペスウイルスでは、現在30代で50パーセント弱しか免疫を持っていないとのこと。

 

水ぼうそうも単純ヘルペスも、子供の頃にかかると軽症で住むそうです。ただし、この段階で、体内にウイルスが入り込むために、おとなになることで、ヘルペスが何度も発症しやすくなる。

 

 

おとなになってかかると重症化する危険があるので、やはり注意が必要。症状を感じたら、専用の薬やクリームをしっかりと利用することが、悪化させない対処法になるかと思います。

 

 

ヘルペスや帯状疱疹の細胞自体は死滅させることが出来ないために、一番重要になるのが、症状を抑えることが大事。少しでも、いつもとは違ったことを感じたら、それなりの対処法をおこなうこと。