一生の付き合いのウイルス

病原体の一種「ウイルス」

ヘルペスウイルスとは、病原体の一種で、外から人間の体内に侵入し、さまざまな病気を広げてきます。この部分を防ぐのが免疫力です。

 

ただし、若いうちなら、免疫も多く、そして、力強いのですが、年令を重ねることで、うまく対応することができずに、しだいにウイルスのほうが強くなり、増殖することで、臓器や器官に以上が起こります。その一つに関係してくるのがヘルペスになります。

 

このウイルスを抑えるために、抗ウイルス薬などを服用し、抑えるわけですね。
服用することで、今まで悩まされていた、湿疹やかゆみを抑えることができます。

 

しかし、体内にウイルスが侵入すると、抗ウイルス薬でも死滅することはできません。つまり、一生ウイルスは体内に存在するということになります。

 

そのために、口の周りや陰部に普段とは違った違和感を感じたら、すかさず抗ウイルス薬を服用することが重要になります。そうすることで、効果が絶大に高くなるので、痒みや湿疹を抑えることができます。

 

逆に、そのままにしておくことで、症状が悪化し、ウイルスが増幅してしまいます。