免疫力を高めるために

免疫力にウォーキング

ヘルペスを抑えるために抗ウイルス薬を服用することで、抑えることができます。しかし、薬を服用する機関はどうしても、安静をいしきして、室内でじっとしている人もいるのですが、できるだけ、運動などをすることが重要になります。

 

室内でおとなしくするのも、炎症やかゆみには良いかと思いますが、逆にストレスが貯まり、ウイルスが増える恐れがあります。

 

そのために、軽めの運動なら、ウイルスを抑える免疫を高めるためには、重要になると思います。
そこで、軽めの運動として、ウォーキングがオススメです。

 

運動といえば、スポーツジムなどで、汗をだくだくと書くイメージが有りますが、まずはホーキングなど軽めの運動では、免疫力や血液を活発にすることが重要になります。

 

それから、ただ歩くのではなく、十分な運動が必要です。
1日に20分を週に2回程度からスタートする音。
普段、運動をしていない人ほど、免疫力が弱く、どうしてもウイルスが溜まりやすくなります。

 

ただし、ウォーキングをするとき、だらだらと歩くのはよくありません。歩きやすいスニーカーやウォーキングシューズを履いて、重い荷物を持たず、足速い歩くことが大切。
歩くという動作では、全身の様々な筋肉を使う。

 

全身を動かすことで、少しずつ筋力アップし、基礎代謝を変えることができます。血行も良くなり、肌のターンオーバーもスムーズになり、ヘルペスの予防ん効果が期待できます。