痛みやかゆみを感じる

症状「痒み、痛み」

ヘルペスの症状についてですが、基本的にはウイルスの増幅により、微妙に勝共も異なります。
まず、最初に起こるのが痛みです。

 

痛みにも、いろいろですが、ヘルペスの場合は、ピリピリ、ビリビリした痛みで、ヒリヒリするような皮膚の違和感、かゆみ、さすような刺激を感じることがあります。

 

ただし、ニキビと似たような感覚なので、そのまま放置する人もいます。

 

しかし、ヘルペスの場合は、虫に刺されたような赤い発疹ができるために、このぶぶんがヘルペスとニキビの違いになると思います。

 

なおかつ、他の部分として、軽度の発熱やリンパ節の腫れ、頭痛などが起こることも。ヘルペスの原因は、ウイルスが一時的に増えることが要因です。このやっかいなウイルスは、皮膚だけでなく、神経にも攻撃をするために、頭痛や熱にも関わってきます。

 

それから、発疹の上に小さな水ぶくれができ、やがて中央にくぼみのあるアワ、水ぶくれができることもあります。水ぶくれは、はじめは透明ですが、やがて黄色の膿疱になり、6〜8日で敗れ、ただれたり潰瘍になります。

 

基本的には、ヘルペスも放置していれば治るケースが有ります。
はじめの発疹で、痛みやかゆみを感じ、次第に増えていきます。そこから2〜3週間後に、次第に治まり、痛みもなくなります。

 

ただし、徐々に症状が悪化するために、少しでも皮膚に発信を感じたら、専用の薬を事前に服用することが重要です。