幼児が水泡を触ることで感染

ウイルスに一度もかかっていない子供が発生する恐れも

ヘルペスや帯状疱疹は他の人にも移る恐れはあるのか?発症した人だけでも発症すると痛みや皮膚が赤くなるために、1週間以上は苦しみを感じてしまうのに、他の人に感染した場合は大きなトラブルにもなりかねません。

 

ただし、帯状疱疹の場合は通常のほかの人に感染する恐れはありません。だからといって、帯状疱疹が発症している時に、大勢のいるところに行くとか、仕事をすることはあまりよろしくありません。症状を悪化させるおそれがあるために、できるだけ暗線を心がけることが、症状を和らげる一番の選択肢になると思います。

 

帯状疱疹とは水泡帯状疱疹のウイルスが再活性化したものであり、他人のウイルスが原因ではありまん。そのために、ウイルス自体が他の人に感染することはないということになります。

 

だけど、帯状疱疹の時に出来る水泡の中にはたくさんの水泡、帯状疱疹ウイルスが存在していますし、すでにウイルスが体内に存在している恐れももまります。

 

とはいえ、水泡に触れることで、幼児は水泡が感染するおそれがあるために注意しなくてはありません。

 

親がヘルペスや帯状疱疹に発症している時に、幼児の体を触れることで、感染することもわかっています。

 

もしヘルペスや帯状疱疹に親がかかっていた場合は、2週間以上は完全に治ってから幼児にあうようにしましょう。