ヘルペスが増えることで発症

ヘルペスと免疫

症状としては似ている「帯状疱疹」と「ヘルペス」。
水疱、帯状疱疹ウイルスと単純ヘルペス、この2つのウイルスは、とくに小さい子供に発症しやすいウイルスです。

 

帯状疱疹おウイルスは、初期の場合は、「水疱瘡」ができ、これは病原菌が、体外から侵入しチエル証です。しかし、帯状疱疹は、再発することはなく、一生のうちに一度だけの病気です。

 

一方で、単純ヘルペスウイルスは、初感染、再発にかかわらず、単純ヘルペスとして発症します。

 

単純ヘルペスウイルスは、初感染の時が症状が最も重く、水ぶくれだけでなく痛みが出たり、発熱やリンパ節の腫れなどを伴うこともあります。これは初感染では体がまだ単純ヘルペスウイルスに対する免疫を書くとそしてイたので、再発の時には免疫が強く、症状が軽くなっていたからです。

 

子供の頃に発症した帯状疱疹により、体内にウイルスが侵入します。この段階で、ウイルスとは一生の付き合いになります。しかし、若いうちは免疫力が強いために、ウイルスが悪さをすることは比較的少ない。

 

しかし、年令を重ねることで、免疫力が低下し、ウイルスを抑えることができずに、次第に症状が悪化しやすくなります。それが口腔内のヘルペスになります。

 

そのために、普段から免疫力を高めることが、ヘルペスの予防になります。